News

  1. Top
  2. News
  3. Realnetマンションサマリが「IT導入補助金」対象ツールに認定

Realnetマンションサマリが「IT導入補助金」対象ツールに認定

2020年11月24日

新築マンションのビッグデータを活用し、不動産情報プラットフォーム事業を行う株式会社マーキュリー(本社:東京都新宿区 代表取締役:陣 隆浩)は、経済産業省が推進する「IT導入補助金2020(サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金)」 https://www.it-hojo.jp/ のIT導入支援事業者として採択されたことをお知らせいたします。
これにより、弊社が提供する「Realnetマンションサマリ」の導入金額の最大3/4を補助金として受け取ることができます。
交付申請締切が12月18日(金)で、今回が最終締切となります。

 

■IT導入補助金とは

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。
(『IT導入補助金2020』webサイト内「事業概要」より引用 https://www.it-hojo.jp/overview/

弊社が提供する「Realnetマンションサマリ」の導入を検討される、中小企業・小規模事業者のみなさまが対象となります。
条件を満たした事業者様には、導入にかかる費用の最大3/4にあたる金額が、補助金として交付されます。
この機会に、IT化による業務効率化や、コロナ禍で加速しているリモートワークに対応出来るサービスをお得に導入し、ご活用ください。
※詳細は、公式サイト( https://www.it-hojo.jp/ )をご確認ください。
※導入月から12か月分が対象となります。

また、弊社ではIT導入補助金の申請サポートを行っております。ぜひこの機会にご検討ください。

 

【IT導入補助金についてのお問合せ先】

Realnet運営事務局:support@real-net.jp

 

■Realnetマンションサマリについて

新築マンションの周辺相場分析システムです。
多様化する不動産市場において新築分譲マンション情報の重要性が増しています。
弊社では、三大都市圏エリアを基盤として開発や販売予定、売れ行き情報をはじめ、物件の住戸情報に至るまで、多岐にわたる情報を調査・保有しています。

いつでも、どこでも、だれでもご利用可能なASP型サービスのため、様々なビジネスシーンでご活用出来、コロナ禍で急速に進んでいるテレワークにも適しています。

 

【Realnetマンションサマリの特徴】

・首都圏版1995年、関西版2000年、東海版2003年以降の新築分譲マンションデータ
・独自調査により、お知らせ看板から販売予定物件の情報を網羅
・物件ごとの概要・住戸データ(部屋別)を蓄積
・簡単な操作で、現地調査用の地図資料が作成可能
・プレゼン用資料として、簡単に集計帳票、グラフが作成可能
・期分けベースの集計に加え、プロジェクトベースでの集計が可能
・毎日データ更新 ※月~金曜、平日

 

【マーキュリーとは】

“サマリネットシリーズ”を中心に、約30年にわたり不動産業界向け情報サービスを展開してきました。1995年以降に分譲された約4万物件(住戸数約300万戸)もの新築マンションデータを保有しております。これからも情報収集力と分析ノウハウを生かして、不動産に関わる多くの人の満足を創造して参ります。

 

【会社概要】

会社名:株式会社マーキュリー
所在地:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル43階
TEL:03-5339-0950(代表)
FAX:03-5339-0951(代表)
URL:https://mcury.jp/
代表取締役:陣 隆浩
設立年月:1991年05月